Eiji Yamamoto Photography 好きな写真は人物や(人が写っていなくても)人が感じられる、人の想いが感じられる写真。例えば、モノでも建築でも、それを作った人のこだわった点や工夫した箇所、またどの角度からそれを見て欲しいか、作者なりの気持ちがあるかと思います。それを意識すると、目の前にあるそれが、単なるモノではなく、作り手の想いがこもったモノに感じられる時があります。写真とは撮影者とその見えない相手との対話だと思います。


A moment of 0.360 seconds

「Ayaka Rhapsody」


となりのアヤカちゃんは魔女のような人です。僕にとっては(という設定です)。跳んだり跳ねたり増えたり格好良かったり。色々な表情を見せてくれます。最近思うのです。自分の写真はもっと自由でも良いのではないかと。人物や風景の記録、そこでの時間の記録、気持ちの記憶などなど、記録や記憶のための写真ではなく、楽しむ写真があっても良いのではないか。同時にカメラやレンズの性能にそこまで拘らずとりあえず自由に。そしてそれをプリントして見る。写真本来の楽しみがそこにあるのではないかと。そこでザールブリュッケンで知り合った同じ滋賀県出身の写真家Ayaka Okuさんをモデルに色々撮らせていただきました。撮影時間は僅かですが、その中で出来ることをした、2017年冬の写真です。

A moment of 0.360 seconds

「一瞬の0.360秒」


通りを歩いていて誰かとすれ違うときに、その誰かに対して「格好いい人」「綺麗な人」「画になる人」と感じることは誰しもあると思います。「画になる人!」と、そのような気持ちが動いた時、そのすれ違う一瞬に歩きながら撮りました。因みに一瞬の「瞬」とは仏教からきた時間の単位で「摩詞僧祇律(まかそうぎりつ)」によると1瞬は20念(1念=0.018秒)で0.36秒ということ。それを意識してシャッター速度を合わせて撮りました。進む時間の中、歩く自分、向かってくる相手、すれ違うその一瞬、つまり動いている中に現れた一瞬の像、それこそが「画になる」と感じた人の時間の中における本当の姿かもしれません。

「ソノリウム」

Sonorium共催シリーズ2011「映像と音楽」
ラファエル・ファヴル、外川千帆 リートデュオ・リサイタル 東京公演
歌曲の響vol.3‐写真家・山本英人氏と共に


2011年2月27日(日)東京、ソノリウムで催されたコンサート「映像と音楽」で使用された作品です。

心の雫

「心の雫 I Can Hear The Rain」


墓地は現在に生きる人とその人のルーツである過去を結ぶ場所だと思います。そして先人に何かの報告をしたり、会話をしたり、言い換えれば現在に生きる人の心のよりどころかもしれません。しかしそれを結ぶ墓石が風雨にさらされているのはどういったことでしょうか。家族や関わりある人は訪れないのでしょうか。100年以上前の墓碑は文字が消え、十字架は落ち、墓石は朽ちて、辺り一面には木々が生い茂っています。ここに眠る人たちの人生は何だったのか。その光景を見ると切なさや辛さ、嘆きに似た気持ちを覚えます。かつて人の想いがあった場所に今は人の想いはないのでしょうか。1年以上かけて撮影したもので、晴れの日だけでなく雨や雪の日もあります。

+ Sound

+ Sound, Video 街中や旅先で撮った一枚と音


写真は一瞬を切り取ったものですが、観る人がそこに時間を与える芸術だと思います。音が入ることによって、そこからさらに世界が広がるのではないかと考えました。

Facebook

Facebook


Facebookを保管庫のようにして上げているアルバムの一部です(非公開設定)。赤外写真やスーパーマクロ、流し撮りのアルバム、観光のアルバムがあります。それぞれ新しいウインドウで開きます。こちらのFacebookは新たに作ったアーティストサイトではく、個人ページです。


▲ top